News / お知らせ

<戻る
2019.03.01

「2019年問題」講演会 募集はじめました。

2009年にはじまった太陽光の余剰買取制度が2019年11月に初期の加入者が固定価格買取が終了します。
2019年に40万人、その後も毎年20-25万人ずつ「FIT卒業者」が生まれます。

資源エネ庁も情報発信をはじめていますが、まだよく知られていません。
そもそも2019年問題とは何なのでしょう?

「買取が終わると、今まで売っていたでんきはどうなるの?」
「蓄電池を入れるいいと聞いたんだけど、どれを選んだらいいの?」
「新電力はどのくらいで買い取ってくれるの?」

そうしたたくさんの疑問にお答えます。
主に自宅に太陽光発電を既につけている方を対象としたセミナーです。

http://tamaempower.co.jp/project/2019/02/2019.html